youtubego130_00

これまでインドをはじめとする特定の国でしか利用できなかったAndroid向けのYouTubeアプリ『YouTube Go』が、新たに130カ国で利用できるようになったことが、YouTube公式ブログにて発表された。ただし、日本を含むいくつかの先進国では、依然利用できない。

YouTube Goを簡単に説明する。ユーザーはこのアプリを使うと、比較的安定したネット通信ができるところでYouTubeの動画をダウンロードして端末に保存しておき、逆に外出先などの携帯電話のデータ通信速度が遅い場所で、いつでもダウンロードした動画が視聴できる。新興国では外出時のモバイルデータ通信が遅いことが多いために、このアプリが重宝されている。

https://www.youtube.com/watch?v=GTk2_QSf2Jk

今回の130カ国でのローンチに向けて、YouTubeはさらに機能をいくつか追加した。

youtubego130 01 YouTube Goが130カ国展開を発表。しかし日本は含まれず

一つが高画質ダウンロードモードだ。ユーザーはこの機能を使えば動画を高画質でダウンロードすることができる。自宅のWi-Fi環境で高画質の動画をダウンロードし、出先で視聴し、視聴後にデータを削除すれば、スマホ内のデータ容量を圧迫することも少ない。

youtubego130 02 YouTube Goが130カ国展開を発表。しかし日本は含まれず

もう一つがシェア機能だ。このアプリでは、ダウンロードしたデータをパケットを使わずに近くにいる人に送ることができる。外出先で面白い動画を見つけたときに、データを気にせずにシェアできるこの機能は、公共施設のWi-Fiが整っていない日本でこそ役に立つ機能かもしれない。

しかし『THE VERGE』によると、今回のサービス提供拡大対象国には、アメリカやカナダ、日本、韓国、ドイツ、フランス、そしてイギリスは含まれない。日本のようにネット環境の整った国においても、月末のギガ不足(パケット不足)は特に若者の間で社会現象になっている。また、BroadbandTVが所在するカナダにおいてはスマートフォンの通信費が日本以上に高額で、やはりデータ容量は若者の悩みのタネだ。

おそらくこうした国のYouTubeユーザーからのYouTube Goに対する需要も少なからずあるはずだ。今後YouTubeは、これらの国のユーザーにもなんらかのソリューションを提供するだろうか?

YouTube Goが130カ国展開を発表。しかし日本は含まれず

Category: YouTubeハック
0
717 views

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>