YouTube新デザイン

2017年5月2日、YouTubeは「マテリアルデザイン」を適用した新しいデスクトップ版YouTubeのデザインを発表しました。

新旧のデザインを比べて、どこが変わったのか検証!

YT New Design 1024x576 YouTube新デザインを試してみた!

出典:https://youtube-jp.googleblog.com/2017/05/youtube-new-design-preview.html

 

一部のユーザーだけに公開された新デザインはyoutube.com/newから今すぐ試すことが可能です。(右上のアカウントアイコンから「以前のYouTubeに戻す」を選択すれば、元のデザインに戻せます。)

どのような変更があったのか、大きく4つのページに分けてチェック。

ホーム画面

<従来のYouTubeホーム画面>

Old YT home 1024x463 YouTube新デザインを試してみた!

<新しいYouTubeホーム画面>

New YT home 1024x462 YouTube新デザインを試してみた!

 

ホーム画面を早速開いてみると、従来のデザインと劇的な違いはありませんが、配色や配置などがすっきりとした印象を受けます。更に、画面左にあるメニューバーに注目すると、全ての項目が大きく表示され、見やすくなっています。

 

ダークモード

そして、今回注目を集めているのが「ダークモード」。画面の明るさを抑え、暗い場所でも目にやさしいデザインになっています。ダークモードをオンにするには右上のアカウントアイコンをクリックし、ダークモードを選択し有効にします。

<ダークモード:オン>

Dark mode 1024x459 YouTube新デザインを試してみた!

 

夜遅くまで編集作業を行うユーチューバーには嬉しい新機能ですね!

 

チャンネルページ

ユーチューバーなら今後自分のチャンネルページがどのように表示されるか気になりますよね。新デザイン適用後、どのような変化があったのでしょうか。

<従来のチャンネルホーム画面>

Old channel home1 1024x528 YouTube新デザインを試してみた!

<新しいチャンネルホーム画面>

New channel home 1024x627 YouTube新デザインを試してみた!

新しいデザインではチャンネルアート(バナー)が画面いっぱいに表示され、チャンネルアイコンがチャンネルアート上に表示されず、下に移動しています。

チャンネル紹介動画や、最新動画も大きく、すっきりと配置され見やすくなりました。チャンネル登録ボタンも大きくなったのはユーチューバーにとっては嬉しい変化ですね!

 

検索結果画面

<検索結果画面>

search result 1024x615 YouTube新デザインを試してみた!

 

次に検索結果画面に注目してみると、チャンネル登録ボタンが大きく表示されるようになっています。これで以前より視聴者をチャンネル登録に誘導しやすくなりそうですね!

チャンネルページと動画の区別もつきやすく、ここでもユーザーフレンドリーなデザインになっていることが窺えます。

 

慣れ親しんだデザインの変更と聞いて、変化を受け入れるのは時に容易いことではありませんが、ユーザーにもユーチューバーにもやさしいこのデザインならよりYouTubeが活気付きそう!スマホ版の新デザインにも期待大です。(現在*新デザインはデスクトップのみ有効)

 

*2017年5月4日現在

 

あなたもBBTVに参加して世界最大のYouTubeクリエイターのコミュニティに入りませんか?

ユーチューブ運営ツールやチャンネルアートのデザインなどのサービスに加え、翻訳や著作権管理などチャンネル登録者数や再生回数を増やすサポートをさせていただきます。BBTVのYouTubeネットワークパートナーシップに関する情報は下のボタンをクリック!

Join BBTV 300x61 YouTube新デザインを試してみた!

 

 

 

 

 

 

YouTube新デザインを試してみた!

Aya

Community & Social Media Specialist, Japanese market

Category: Home
0
613 views

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>