YA00-min

皆さんは、YouTubeアナリティクスを使いこなせていますでしょうか?YouTubeアナリティクスとは、YouTubeチャンネルや動画をデータ分析するためのツールです。

え、まだ一度もページを開いたことがない?それは大変だ!すぐにYouTubeアナリティクスのページを見てみてください。クリエイターツール内の左サイドバーにある「アナリティクス」というところをクリックすれば、アナリティクスのページに飛ぶことができます。

YA16 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

確かにYouTubeアナリティクスって最初はちょっと扱いづらいところもあります。専門用語も多いし、こういったデータをこれまでに全く見たことがない方にとっては、どこから始めればいいのかちょっと戸惑ってしまうところもあるのではないでしょうか?

そもそも、YouTubeアナリティクスを使うとどんなことができるのでしょう?まずはこのなにやら難しいツールを使って得られるメリットについてご紹介しようと思います!せっかくのツールなので、活用しまくってチャンネルを成長させましょう。

 

YouTubeアナリティクスで、動画再生時間を伸ばす!

YouTubeというサービスそのものが成長するにつれて、最近では再生数だけではなく再生時間もYouTubeから評価されるようになってきました。視聴者が動画をどれだけ長く再生したかどうか次第で、その動画の質が高い、もしくは低いと評価され、検索結果に掲載されやすくなったり、収益が多くもらいやすい構造ができたりといった効果があるとされています。

動画をより長く見てもらうために、ひとつできることがあります。YouTubeアナリティクスを使います。

YouTubeアナリティクスには『視聴者維持率』というコーナーがあります。これは、動画内の任意のポイントでどれだけの割合の視聴者が動画を再生しているかがデータでわかるというページです。

YA18 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

このページ内の下部に表示される動画一覧の中から、ひとつ動画を選んでください。「平均再生率(%)」という項目のデータが良くないものを選ぶと、発見が得やすいです。

YA17 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

遷移先のページには、上段にグラフ、下段に動画が配置されています。このグラフを見ると、どこかに「ガクン」と視聴者維持率が下がった瞬間がありませんか?もしあれば、そのポイントこそ多くの視聴者の方が動画の再生をストップしたポイントです。

視聴者の方が再生をやめたポイントがわかれば、今後の動画制作を改善していくことができます。ざっくりとタイプを分けた上で、改善アイデアをご紹介してみましょう。

 

動画が始まってすぐに、再生をやめている人が多い

YA19 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

動画を視聴し始めてすぐに動画をストップされることが多いあなたは、タイトルやサムネイルを見て「それ、興味ある!」と感じ、動画を見にきた視聴者の期待を、動画開始直後に満たせていないのかもしれません。基本的に視聴者は、動画が自分の期待に見合っているかどうかを動画開始15秒以内に判断します。

どの動画でも最初の 15 秒間に注意する必要があります。再生をやめる視聴者が最も多いのがこのタイミングです。

引用:視聴者維持率レポート – YouTube ヘルプ

YouTube公式ページでもこのように言われており、この開始15秒で「これは視聴者が見る価値がある動画です」と示すことが非常に重要です。

動画開始直後に再生をやめている人が多い場合は、動画開始直後にその動画のメインとなるポイントを見せるようにしましょう。具体的には、

  • タイトルやサムネイルに表示するメインテーマから動画をスタートする
  • タイトルやサムネイルに表示するメインテーマをまずチラ見せしてから動画をスタートする
  • タイトルやサムネイルに表示するメインテーマを動画内の何分くらいの場所からスタートするかを最初に伝える

このような方法で解決するのが一般的です。

 

動画の途中のあるポイントで離脱している人が多い

YA20 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

動画の中盤で視聴をやめてしまう人が多い場合もあります。

あるポイントでガクッと落ちている場合は、その維持率が落ちた前後に動画内に表示されているものに対して「不快」だと感じられていたり、「面白くない」と思われていた可能性があります。あるいはそのあたりで視聴者が満足してしまったという場合もあります。

この場合、特にこだわりがなければそういう離脱を促してしまうような行為をやめるようにしましょう。

一方で徐々に、でも明らかに維持率が落ちていく場合は、そのあたりで視聴者は「くどい」とか「だらだらしている」とか感じている場合があります。

このような形で離脱されないようにするために重要なのは、撮影前の準備と撮影後の編集です。

まず、撮影前にきちんと企画をしましょう。この動画では何を伝えるのか?どこが視聴者にとって見どころなのか?ということをきっちり準備して、場合によっては台本も用意してから撮影することで、無駄にダラダラと撮影したり説明することがなくせます。また、撮影後の編集では、不要なところをばっさりカットして動画をアップすることもできます。

 

動画の終盤にガクッと離脱するポイントがある

YA21 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

もし動画の最終盤にガクッと視聴者維持率が落ち込んでいるとしたら、それは「あ、もう見なくていいか」と思われている可能性があります。

テレビ番組を想像していただければわかると思いますが、動画の最後って大体エンディングがあってCMが流れて終わりです。なのでエンディングまで見ちゃったら満足して、あとは「もういいかな」と思ってしまう人も多いのです。YouTubeもこれに似ています。

これを避けることは難しいですが、もし再生をやめられてしまうとすれば、やめられてしまっても自分の次の動画を見てもらえるようにエンドカードを有効活用してみてください。関連する自分の動画にリンクすることで「あ、こっちもみてみようかな」と思ってもらえる確率を少しでも増やすことができるでしょう。

 

YouTubeアナリティクスを効果的に使いこなす!

YouTubeアナリティクスには、他にも色々な活用方法があります。もう少し詳しく分析をしてみたい方は、BroadbandTVまでご連絡ください!弊社の視聴者開発チームがサポートいたします。

>> BroadbandTVについて詳しく知る

 
とはいえ、まずはご自身でもっともっとYouTubeアナリティクスを活用したい!という方がほとんどかと思います。なのでここでは、基本的なYouTubeアナリティクスの使い方についてご紹介していきます。

YouTubeアナリティクスは、大きく分けるとみっつの目的で使うことができます。ひとつ目の目的は、収益を増やしたいという目的。ふたつ目は、再生回数や再生時間を伸ばしたいという目的。みっつ目は、ファン数を増やしたいという目的です。

ここでは、ふたつ目の「再生回数や再生時間」とみっつ目の「ファン数を増やしたい」目的において使える機能を、順番に説明していきます。

 

再生時間【再生時間を伸ばしたい場合①】

YA01 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「再生時間」をクリックすると、そのチャンネルとそのチャンネルの動画の再生時間に関するデータを見ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されるのは、このチャンネルのすべての動画の総再生時間を、日毎に足したもの。このページの下段の表(この参考画像ではグレーに消している部分)は、このチャンネルの各動画を再生時間をベースにランキングにしたものです。

YA22 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

は、このチャンネルに何か人を惹きつける要素があるということ。だから、再生時間が長いチャンネルが高く評価されるというわけなんです。

また、長く再生されるということは、それだけそれだけ長くYouTubeというサービスにユーザーを留めておく力のあるチャンネルということになります。YouTubeとしても、そういうチャンネルはありがたい部分があるのでしょう。

 

視聴者維持率【再生時間を伸ばしたい場合②】

YA02 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「視聴者維持率」をクリックすると、そのチャンネルとそのチャンネルの動画の視聴者維持率に関するデータを見ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されるのは、このチャンネルのすべての動画の日毎の平均視聴者時間。このページの下段の表(この参考画像ではグレーに消している部分)は、このチャンネルの各動画を期間内の総再生時間をベースにランキングにしたもので、総再生時間の長いものから順番に平均視聴時間や再生率もわかるようになっています。

視聴者維持率とは、視聴者が動画全体のうち何パーセントを閲覧したのかという割合のこと。例えば全部で10分の動画を見始めた視聴者が3分のところで閲覧をやめたら、視聴者維持率は30%になります。

視聴者維持率が高いということは、(あえてざっくり言うと)多くの視聴者が動画を最後まで見てくれたということです。と言うことは、視聴者の満足度が高いとも言えるので、この数値も重要指標になります。

 

ユーザー層【再生時間を伸ばしたい場合③】

YA03 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「ユーザー層」をクリックすると、そのチャンネルのユーザー層に関するデータを見ることができます。

このページは見た目の通りのわかりやすさだと思います。男女別、そして年代別に、どの層が自分のチャンネルを見てくれているかということがわかるのがこのページです。

このページを見て、「〇〇の層がよくこのチャンネルを見てくれているから、その人たちにウケるコンテンツを作っていこう!」という作戦を立てられるのもひとつの手ですし、逆に「〇〇の層がよくこのチャンネルを見てくれているけれど、本当はもっと別の人たちに見て欲しいから、そういう人に見てもらえるようにコンテンツや流入戦略を工夫していこう」という作戦を立てられるのも良い考え方です。

ご自身の成長フェーズにも合わせて、このページをご活用ください。

 

再生場所【再生時間を伸ばしたい場合④】

YA04 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「再生場所」をクリックすると、そのチャンネルの再生場所に関するデータを見ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されるのは、このチャンネルのすべての動画の日毎の再生時間ですが、どこで動画が再生されたかによって色分けされています。

YouTube動画は、YouTube本体で再生されるだけではなく、外部サイトに埋め込まれたものが再生される場合もあります。たとえば、バイラルメディアと呼ばれる規模の大きなウェブサイトで自分の動画が紹介され、その動画が一気に広まった場合、普段と比べて「外部のウェブサイトやアプリの埋め込みプレーヤー」での再生割合がぐんと高くなります。

ということで、急な再生増があった時に確認のために使えるのがこのページになります。

 

トラフィック ソース【再生時間を伸ばしたい場合⑤】

YA05 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「トラフィックソース」をクリックすると、そのチャンネルのトラフィックソースに関するデータを見ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されるのは、このチャンネルのすべての動画のトラフィックソースを、日毎に足したもの。

そもそも「トラフィックソース」とは、動画を再生した人があなたのチャンネルを訪れる前に経由したページやウェブサイトのこと。どこであなたの動画やチャンネルを見つけたのか?と言うと、もっとわかりやすいかもしれません。

そして下段に記載される表で、具体的にどういったところを経由した人がどのくらいいて、平均してどのくらい再生してくれたのかを確認することができます。より視聴者維持率が高いところからもっとたくさんの方に来ていただけるよう、作戦を練ってみましょう。

 

端末【再生時間を伸ばしたい場合⑥】

YA06 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「端末」をクリックすると、そのチャンネルの端末に関するデータを見ることができます。

「端末に関するデータ」って、わかりにくいですよね(苦笑)簡単に言えば、そのチャンネルをどういう端末で閲覧しているかということです。パソコンで閲覧している人が多いのか、モバイル(基本的にはスマートフォンのこと)で閲覧している人が多いのか、あるいはタブレットで閲覧している人が多いのか。場合によってはテレビで閲覧されていることもあります。

もし、モバイルでの視聴が多いのであれば、動画内でのテロップやエンドカードのデザインをよりモバイル向けに、具体的には文字を大きくして見やすくしてあげると良いでしょう。パソコンからが多いのであれば、少々細かくても興味があれば全画面にして見てくれるはずです。

 

翻訳【再生時間を伸ばしたい場合⑦】

YA07 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「翻訳」をクリックすると、そのチャンネルの動画が翻訳されて閲覧された回数と、翻訳された言語を見ることができます。

このページは、誰にでもとても役立つというものではないかもしれません。日本人のコンテキストに基づいて作られた日本語の動画を、日本人以外が視聴するというのは、そんなにあることではないからです。

ただ、例えば動物チャンネルやレシピチャンネルは、万国共通で楽しまれるコンテンツではあるので、もしここで翻訳されて閲覧された回数が多いことに気がついたら、今後その国の方向けに新たなコンテンツを展開することを考えてみてもいいでしょう。

 

チャンネル登録者【ファン数を増やしたい場合①】

YA08 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「チャンネル登録者」をクリックすると、そのチャンネルを登録した人の数の推移を知ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されるのは、このチャンネルを登録した人の日毎の推移です。ページ下段の表では、具体的に何を見ている時にこのチャンネルを登録したかがわかります。

視聴者が何を見ている時にチャンネル登録してくれたのかということを分析すると、登録者が増えやすいコンテンツに傾向が見えてくる場合があります。登録者が増えるコンテンツを更新すると、今後のチャンネル成長につながるはずです。

 

評価【ファン数を増やしたい場合②】

YA09 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「評価」をクリックすると、そのチャンネルを評価した人の数の推移を知ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されているのは、このチャンネルを高評価した人の日毎の推移です。これは「低評価数」のタブをクリックすることで低評価を押した人の推移を知ることができます。ページ下段の表では、具体的にどの動画に対して高評価もしくは低評価がついたのかが表になっています。

これはわかりやすいですが、高評価を得られるタイプのコンテンツがなんだったかを、今後のコンテンツ作りにおいて参考にしてみてください。

 

再生リストに含まれている動画数【ファン数を増やしたい場合③】

YA10 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「再生リストに含まれている動画数」をクリックすると、誰かの再生リストに追加されたそのチャンネルの動画について知ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されているのは、再生リストに加えられたこのチャンネルの動画の数の日毎の推移です。ページ下段の表では、具体的にどの動画が再生リストに加えられたのかということがわかる表になっています。

再生リストに加えるというのは、おそらく「後でまた見たい」という意図があるから。たくさん再生リストに登録されている動画は、ある意味でたくさんいいね!されている動画以上に価値があるとも言えます。再生リストに加えられやすい動画を知り、コンテンツ制作に生かしてみてください。

 

コメント【ファン数を増やしたい場合④】

YA11 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「コメント」をクリックすると、そのチャンネルに寄せられたコメントについて知ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されているのは、チャンネル全体に寄せられたコメント数の推移です。ページ下段の表では、具体的にどの動画に対してコメントが寄せられたのかを知ることができる表になっています。

コメントが来ると嬉しいですよね。こちらからの発信に対し、コメントがもらえるということは、視聴者の方と双方向のコミュニケーションが取れているということ。コメントが多くきそうな動画はどんな動画かな?と常に考えながら動画制作をしてみてください。

 

共有【ファン数を増やしたい場合⑤】

YA12 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「共有」をクリックすると、そのチャンネルの動画がシェアされた回数について知ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されているのは、自分のチャンネルがシェアされた回数の推移です。ページ下段の表では、具体的にどの動画がどれだけソーシャルメディア上でシェアされたかを知ることができる表になっています。

YouTube上で見られるだけでなく、ソーシャルメディア上でシェアされると、いつもとは違った人たちに動画を見てもらえるようになります。時には大量の新規視聴者が増えることもあるので、シェアされやすい動画の傾向を探ってみてください。

 

アノテーション【ファン数を増やしたい場合⑥】

YA13 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「アノテーション」をクリックすると、そのチャンネルの動画に設置したアノテーションがどれだけ視聴者にクリックされたのかを知ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されているのは、アノテーションがクリックされた回数の推移です。ページ下段の表では、具体的にどの動画のどのアノテーションがクリックされたのかということが示されています。

せっかく動画に設置したアノテーションが、実際に活用されているかどうかを理解し、必要であれば最適化し、不要であれば取り除くといったようにご活用いただけるデータです。

 

カード【ファン数を増やしたい場合⑦】

YA14 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「カード」をクリックすると、そのチャンネルの動画に設置したカードがどれだけ視聴者にクリックされたのかを知ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されているのは、カードがクリックされた回数の推移です。ページ下段の表では、具体的にどの動画のどのカードがクリックされたのかということが示されています。

このデータの活用法は、アノテーションと似たような感じになります。クリックされやすいカードを特定し、自分の十八番として活用してください。

 

終了画面【ファン数を増やしたい場合⑧】

YA15 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

サイドバーの「終了画面」をクリックすると、そのチャンネルの動画に設置した終了画面がどれだけ視聴者に閲覧され、活用されたのかを知ることができます。

ページ中盤の折れ線グラフで示されているのは、終了画面がクリックされた回数の推移です。ページ下段の表では、具体的にどの動画のどの終了画面がクリックされたのかということが示されています。

視聴された回数が動画の閲覧回数よりも極端に少なければ、なんでだろう?と考えるきっかけになります。終了画面が閲覧されているのにクリックされていない場合は、どういう構成やデザインで終了画面を作るのが良いのだろうかと考えるきっかけになります。

 

初期はYouTubeアナリティクスに頼りすぎない!

とはいえ、という話になりますが、ファン数や再生数が少ないときからあんまりアナリティクスに頼ることは、私はオススメしません。少ないデータで行うデータ分析には、色々と問題点があります。

YA23 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

まず、データが少ないと、様々な「たまたま現象」にデータがすぐに影響されます。普段誰も「いいね!」しないのに、昨日の動画に対しては誰かが間違えて「いいね!」したとします。スマートフォンで見ていると、間違えてタップしてしまったということも少なくない頻度で発生します。

そんな時にあなたが「あ、この動画は人気があるのかも」と思ってしまうと、間違った方向に進んでいってしまいます。

YA24 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

あるいは、あなたがある日投稿した動画を、YouTubeがなんらかのテストの一環で多くの人にオススメしたとします。多くの人の目に晒された動画は、閲覧数が増えます。ここまではラッキーで良いでしょう。ただし、その成功体験に縛られて「また、あのようにYouTubeにオススメしてもらうには・・・」なんて考えてしまうと、本来頭を使わなければならないことを忘れてしまうことになります。

本来、コンテンツクリエイターが第一に考えなければならないのは、誰かが「知りたい」とか「見たい」と思っている動画を、クオリティの高い状態で提供することです。潜在顕在を問わず、そこに需要があり、質の高い動画を作っているのにその両者が結びつかない時に、アナリティクスは活躍します。

普段は「ふーん、なるほど」くらいに思っているのがオススメです。

YA25 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

それから、YouTubeアナリティクスで見ることができるのは、あなたのチャンネルを閲覧しにきた人のみです。ということは、この閲覧者のために動画やチャンネルを最適化していくことが、必ずしも正しいとは限らないのです。

もちろん、多くの場合既存の動画視聴者から得られるデータにヒントはあるはずです。そしてそのヒントを元にチャンネルを改善していくことで、徐々に他の人に気づいてもらえるようになるかもしれません。

しかし、逆に今のターゲット層が間違っているのではないか?という考え方もできるのです。自分の知る世界の外側には、ものすごい大きなマーケットが広がっているかもしれません。

YouTubeアナリティクスや、見えるデータにあまりにもこだわりすぎることで、こういうことに気がつきづらくなってしまうという現象は、非常に頻繁に起きますので、ぜひご注意ください。

 

ところで「Googleアナリティクス」って使ってますか?

ずっとYouTubeアナリティクスの使い方と、頼りすぎることへの問題点について話してきましたが、最後にGoogleアナリティクスについて話しておきます。

YA26 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

聞き慣れない方にとっては「なんだそれ?」という印象でしょう。

Googleアナリティクスは、Googleが提供している基本無料の分析ツールです。そしてこちらは、本来はウェブサイトの分析を行うためのツールです。なので、YouTube クリエイターとして活動されている方の中には、ご存知ない方も多いかと思います。

ただ、ここで言及したのはなぜかというと、YouTubeチャンネルとGoogleアナリティクスは連携させることができるからです。連携させることで、YouTubeチャンネルをGoogleアナリティクス上で分析できるようになります。

YA27 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

連携させることができるということで、時々Googleアナリティクスについても質問をいただくのですが、正直なところGoogleアナリティクスで得られるYouTubeチャンネルのデータは、YouTubeアナリティクスのデータに比べるとあまり大したことはありません。

もちろん、使いようによっては色々発見が得られますが、初心者〜中級者の方にとっては、まずはYouTubeアナリティクスを使いこなせるようになることが先決でしょう。需要があれば、この辺りの連携についてもまたお話ししたいと思います。

 

まとめ

使い方の説明があったので、ひじょ〜に長い長いポストになりましたが、最後までお付き合いいただいた方、本当にありがとうございました!

途中で言った通り、まずはコンテンツそのもののクオリティをひたすら高めるのが基本です。そして、一通り思いつくことを試した時に「うーん」とアナリティクスを見ていただくと、何か発見が生まれるでしょう。自分が試した様々なことの成果が、自分の意図通りだったのか、違ったのか。その原因は何か?このように考えてみてください。

以上、改めて最後までありがとうございました。

 

 

あなたもBBTVに参加して世界最大のYouTubeクリエイターのコミュニティに入りませんか?

ユーチューブ運営ツールやチャンネルアートのデザインなどのサービスに加え、翻訳や著作権管理などチャンネル登録者数や再生回数を増やすサポートをさせていただきます。BBTVのYouTubeネットワークパートナーシップに関する情報は下のボタンをクリック!

Join BBTV 600x60 min YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

YouTubeアナリティクスの使い方【初心者でもわかる!】

Category: YouTubeハック
0
3167 views

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>