kirakira channel きらりゆう インタビュー

あるキーワードをきっかけにわずか1年ほどで視聴者回数、チャンネル登録者数が急上昇したキッズチャンネル、kirakira channel きらりゆう。ママと娘のゆうなちゃんが、親子でいろんな場所へお出かけしたり、オモシロ商品を紹介したり、「なりきり」と題して子供に人気のキャラクターに扮して思いユニークな展開を繰り広げる動画を毎週配信しています。親子で楽しめ、笑顔を与えてくれるチャンネルです。しかし、成功の裏には娘を想う母の努力と苦労忍耐がありました。

 

YouTubeが深めた親子の絆 キッズチャンネル運営の苦労 ~kirakira channel きらりゆう~

 

視聴者を選ばないコンテンツを追求

最初は娘の成長の記録の為にママが始めたYouTube、一時はチャンネルを停止した時もありましたが、3年の休暇を得て、チャンネルを再開。「人気ユーチューバーさんの動画を見て、ゆうなが『私もやりたい』と言い出したのがチャンネル再開のきっかけでした。」と話すママですが、誰もが成功を夢見て始めるYouTube、当初はそう簡単に視聴回数やチャンネル登録者は伸びませんでした。「チャンネル登録者1,000人に達するまで苦労しました。国内外の人気キッズチャンネルを沢山見ては勉強し、更に多くの人に受け入れやすく、他がやっていないオリジナルのコンテンツを配信することに努めました。商品紹介動画を作る前は他のユーチューバーが紹介していない商品を事前にチェックするようにもしています。」特に参考にしているのはセリフのない、ユニークな海外のYouTubeキッズチャンネル。「セリフを入れず、吹き出しや、表情、動作を生かして、海外の方や耳が不自由な視聴者の方も楽しめる動画を心がけています。」

kirakira01 1024x510 YouTubeが深めた親子の絆 キッズチャンネル運営の苦労【パートナーインタビュー】

娘を喜ばせたい!ただそれだけ

仕事や育児に忙しい合間を縫い、娘を喜ばせたい一心で撮影や動画編集ソフトを独学で学び、今ではクロマキーを使いこなした高度な編集技術まで身に着けたママ。母の愛を感じます!昔からカメラや芝居の経験を積んできたそうですが、まだ幼いお子さんを撮影するのは至難の業のようです。

「ゆうなの負担がかからないように気を配っています。子供のテンションって急激に変わるんですよね(笑)休憩を挟んだり、おやつをあげたり、外で撮影したりして楽しんでやることをモットーに続けています。まだまだ遊びたい年頃なので、昼間に撮影して、帰ってから私が編集したりしています。」キッズチャンネルの舞台裏では母の涙ぐましい努力が繰り広げられていました。

kirakira02large 1024x768 YouTubeが深めた親子の絆 キッズチャンネル運営の苦労【パートナーインタビュー】

 

チャンネル名「kirakira channel きらりゆう」の由来

「チャンネル名kirakira channelはゆうなが命名しました。きらりゆうはチャンネルのあだ名です。長いチャンネ名ですが、国内外からでも検索しやすいようにと2つの名前を残しました。」親子2人のこだわりはチャンネル名だけでなく、サムネイルやイントロアニメーションにもオリジナリティ溢れるこだわりが垣間見れます。「サムネは背景をごちゃごちゃさせず、インパクト重視!スマホで見ても内容が伝わりやすいよう、大きい被写体を真ん中に置くようにしています。イントロはBBTVに依頼しました。とーーっても気に入ってます!なりきり姿の絵のイメージと顔と体のバランスを伝えて、あとはほぼBBTVデザイナーにお任せしたんです。出来上がったデモを見た時、2人で感動したのを覚えています!」

 

魔法のキーワードで人気爆発

Kirakira channelといえばゆうなちゃんとママが色んなキャラクターに扮する「なりきり」動画がきっかけでYouTube動画視聴回数が一気に伸びました。視聴者を動画に誘導するには正しい検索キーワード(タグ)を見つけることが非常に重要です。常にアンテナを張り、YouTubeの旬のトレンドをいち早く掴み、すぐさま飛び乗った結果、月間視聴回数がBBTV加入当初から130倍にも伸び、当初はチャンネル登録者数を1,000人に達するのがやっとだったのが今では14,000人以上にもなりました。

 

ホームビデオをストーリー風にして視聴回数10万回超

「私たちにとって一番思い入れの強い動画は、なりきりシリーズのスタートのきっかけになった、ディズニーランドで撮ったホームビデオをなりきり風に編集した動画です。この動画が初めて視聴回数が10万越えしたものだったので、特に印象に残っています。この時はクロマキー撮影などは一切しておらず、普通のホームビデオをストーリー風に作る楽しみを覚えたきっかけとなりました。」親子で飽きっぽい性格だけど、YouTubeだけは続けてこれたというkirakira channel、その秘密はチャンネルを覗けは一目瞭然。どの動画を見ても終始笑顔が絶えない2人の姿がうかがえます。一緒に創造することの楽しみを見つけ、友達みたいにふざけ合うことが出来る親子って羨ましい。

kirakira03small 1024x564 YouTubeが深めた親子の絆 キッズチャンネル運営の苦労【パートナーインタビュー】

 

今後の目標とは

「ここまでこれたのはユーチューバー仲間や視聴者がいたから。編集ソフトの使い方を教えてくれたり、アドバイスをくれた仲間、そして、いつも動画を見てくださる視聴者の方々にいつも助けられて続けてこれました。今後はコメント欄だけに留まらず、もっとファンと交流したいと思っています。ライブ配信などもしていこうと考えています。そして、安定した視聴回数をキープ出来るようみなさんが楽しめる動画を配信できるよう頑張りたいと思います!」

 

親子二人三脚で育ててきたkirakira channel。キラキラ輝きなが成長を遂げるゆうなちゃんを追いながらチャンネルの成長も今後も見守っていきたい!

日本のキッズチャンネルにはない、ユニークなストーリーが魅力のkirakira channle きらりゆうのチャンネルはこちら kirakira channle きらりゆう

 

 

 

あなたもBBTVに参加して世界最大のYouTubeクリエイターのコミュニティに入りませんか?

ユーチューブ運営ツールやチャンネルアートのデザインなどのサービスに加え、翻訳や著作権管理などチャンネル登録者数や再生回数を増やすサポートをさせていただきます。BBTVのYouTubeネットワークパートナーシップに関する情報は下のボタンをクリック!

Join BBTV 300x61 YouTubeが深めた親子の絆 キッズチャンネル運営の苦労【パートナーインタビュー】

YouTubeが深めた親子の絆 キッズチャンネル運営の苦労【パートナーインタビュー】

Aya

Community & Social Media Specialist, Japanese market

Category: BBTV Interview
0
813 views

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>