New BBTV VISO is here

BroadbandTV(BBTV)は本日、動画クリエイターのための多言語&モバイルに対応したオリジナルオンラインプラットフォーム、VISOをBBTVパートナーに提供開始しました。

Social Images Viso Japanese 1024x1024 BBTVから世界のYouTuber達を繋ぐ新ツール、【VISO】誕生

 

2018年、YouTubeの動画収益化条件の厳格化や、不適切な動画に対する取り締まり強化により、YouTubeで稼ぎたいクリエイター達にはより困難な時代に。

再生回数を稼ぐには、安全なコンテンツ配信はもちろんですが、より多くの視聴者を獲得しなければなりません。

今、日本のトップYouTuber達が国内だけにとどまらず海外からの視聴を意識しているのも納得ですよね。

 

そこで、世界中にパートナーを持つBBTVがこの利点を活かし、国内外の動画クリエイターを検索、そして、交流を可能にしたオンラインプラットフォーム、VISOを開発しました。

 

VISO dashboard BBTVから世界のYouTuber達を繋ぐ新ツール、【VISO】誕生

 

BBTVに加入したクリエイターは誰でもVISOが無料で登録可能になり、世界中にいるBBTVパートナー達を検索、そして、チャット機能を使って話しかけることができます。

 

BBTVパートナーは、興味のあるキーワード(例:マインクラフト)を入力すると、同じキーワードに興味のある他のパートナーを検索できるようになり、その人のYouTubeチャンネルを視聴したり、チャット機能を使って話しかけることができます。

 

viso1 1024x629 BBTVから世界のYouTuber達を繋ぐ新ツール、【VISO】誕生

 

同じ趣味の話で盛り上がるもよし、動画制作のアドバイスを共有してもよし、コラボレーション動画の企画を提案するもよし、可能性は無限大です。

 

例えば、VISOを使えば動画クリエイター同士でこんなコラボが可能に。。。

 

ケース①

FPSゲーム実況者が、海外在住のゲーマーとお互い好きなゲームでコラボ実況

 

ケース②

美容系チャンネル運営者が、海外の同系チャンネル運営者と国内外のコスメのトレンド比較をコラボ動画で実現

 

ケース③

愛猫を紹介しているペットチャンネル運営者が、YouTubeチャンネルアイコン用のデザインを提供してくれるイラストが得意なクリエイターを検索して、チャットで作成依頼

 

海外クリエイターとのコラボを通して、海外の視聴者を獲得することはもちろん、マンネリ化してきたコンテンツに変化をもたらすチャンスにもつながります。

 

この他にもVISOには、一目で自分のチャンネルを分析できる総合レポート機能や、11万以上の動画素材が集まったサイトVideoblocks、そして、著作権フリーの楽曲が3万曲以上そろったEpidemic Soundへ無料でアクセスできるリンクもあり、チャンネル改善に役立つ機能が集結したプラットフォームになっています。

 

こちらのページで、より詳しくVISOの各機能について紹介しています。

 

BBTVへの登録がまだの方、今すぐ応募して、世界中のYouTuberと友達になろう!

 

 

 

あなたもBBTVに参加して世界最大のYouTubeクリエイターのコミュニティに入りませんか?

BBTV230億回以上の月間視聴回数を誇る、世界最大のYouTubeネットワークです。YouTube認定資格を持ったスタッフが日々パートナー様のチャンネルを分析を行い、チャンネル登録者数や再生回数を増やすお手伝いをさせて頂いております。BBTVのパートナーシップに関する情報は下のボタンをクリック!

Join BBTV 600x60 min BBTVから世界のYouTuber達を繋ぐ新ツール、【VISO】誕生

 

BBTVから世界のYouTuber達を繋ぐ新ツール、【VISO】誕生

Aya

Community & Social Media Specialist, Japanese market

Category: BBTV News
0
478 views

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>