LoganPaul復活

https://youtube.com/watch?v=oWjxSkJpxFU

昨年末の日本訪問時に青木ヶ原樹海にて自殺者を撮影し公開したことで、日本のみならず北米においても大きくバッシングを受け、謝罪動画を出した上で活動を休止していたLogan Paul(ローガン・ポール)氏が、自身のYouTubeに3週間ぶりの動画を投稿した。

動画の内容は、自殺に関するシリアスなドキュメンタリーになっている。Logan Paul自身が、過去に自殺未遂を経験したKevin Hines(ケビン・ハイン)氏、様々な患者の心のケアを行うAlo House Recovery Centersの共同創設者Bob Forrest(ボブ・フォレスト)氏、そしてアメリカの自殺予防のための組織National Suicide Prevention Lifelineの医師John Draper(ジョン・ドレイパー)氏にインタビューし、自殺の現状について理解し、視聴者にも伝えるという内容だ。

動画の最後には、合計で約1億円(正確には100万ドル)を自殺予防のための組織に寄付することを表明。また、最初の2500万円(同25万ドル)を動画でも登場したNational Suicide Prevention Lifelineに対して即日寄付するとしている。

普段、あまり日本では話題になることのない海外のYouTuberだが、彼には1600万人のチャンネル登録者がいる。おそらく今回は多くの日本人が、彼が本件から何を学び、今後どのように変わっていくのか、注目している。

[追記 2018/01/26] 昨日の記事公開時に「合計で約100億円(正確には100万ドル)」と記載しておりましたが、正しくは「合計で約1億円(正確には100万ドル)」でした。お詫びして訂正いたします。

青木ヶ原樹海動画で大炎上のLogan Paulが復活。100万ドルの寄付を表明

Category: BBTV News
0
5026 views

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>