Logan Paul Apologizes for his disturbing video

人気米国人ユーチューバーのローガン・ポール(22)が自身の動画の撮影で青木ヶ原を訪ね、自殺したと思われる遺体の動画を撮影して、批判が殺到しました。

 

ローガン・ポールは、1,500万人以上のチャンネル登録者がいる、世界的人気ユーチューバー。新年早々投稿した動画が物議を醸しており、世界中から非難を浴びています。

 

その動画とは、友人と一緒に来日したポール氏が、山梨県の青木ケ原樹海を訪れ、偶然発見した自殺したと思われる遺体を撮影した様子が映っていました。この動画はすぐに削除されましたが、ポール氏のSNSは直ちに炎上。

この動画に映っている遺体にはモザイクがかかっており、動画内の遺体を発見したポール氏と友人らのふざけた不謹慎な軽々しい態度も視聴者を怒らせる結果に。

 

動画削除後、TwitterYouTube上でポール氏は、「動画は再生回数を稼ぐために投稿したわけではない。自殺防止の意識を高めたかった。」、「そもそもカメラを回すべきではなかった。自分の行動は許されるべきではなく、非常に反省している。」、「精神病やうつ病、自殺に冒されたり、触れられたりした人には謝りたい。」などと述べています。

Logan Paul Apology 米人気ユーチューバーが、青木ヶ原の自殺遺体の動画を投稿し、批判殺到。

 

今回ポール氏のように、「自殺防止の意識を高めるため」といったようなメッセージを意図していたとしても、コンテンツがそのメッセージに沿っているか、動画の隅々まで気を配らなければなりません。

視聴者の中には、大切な人を自殺により失った人もいます。カメラを回す前に、情報発信者側は、様々なオーディエンスに与える影響やモラルについて考えていただきたい。

 

 

 

米人気ユーチューバーが、青木ヶ原の自殺遺体の動画を投稿し、批判殺到。

Aya

Community & Social Media Specialist, Japanese market

Category: Home
0
170 views

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>