モラルを守って、炎上、ではなくエンジョイYouTubeライフ!

2005年のローンチから、人気が衰えることなく進化を続けてきたYouTube。最近では、小学生の将来なりたい職業に「ユーチューバー」がトップ10にランク入りするほど、YouTubeは私たちの生活に溶け込んでいます。しかし、近日では子供たちの見本にさせたい動画とは言い難い、不快なコンテンツも増えています。

モラルを守って、炎上、ではなくエンジョイYouTubeライフ!1 炎上させずにエンジョイ!YouTubeライフ

 

 

炎上させずにエンジョイ!YouTubeライフ

 

ご存知の通り、ユーチューバーは動画の再生回数が収益につながる為、多くの視聴者に見てもらおうと日々面白いコンテンツを創造しています。しかし、残念なことに最近では話題集めのために、モラルに反した動画も増えてきました。更に非常に悲しいことに、海外では今年、動画撮影中に命を落としたユーチューバーも出てきました。

過激な内容の動画はたしかに、注目を集めます。しかし、収益が増えるかといったら決してそうとは限らないことを覚えておいてください。

 

勿論、収益以上に大切なものを失うリスクもカメラを回す前に考えてみてください。

 

今回は改めて、動画クリエイターがどのようにして、YouTubeから(広告主から)収益を得るかを振り返り、安全に且つ、楽しくYouTubeライフを送る秘訣を紹介します。

 

~おさらい~ そもそも、ユーチューバーはどうやって稼いでいるの?

 

YouTubeで比較的簡単に得ることが出来る収入は『広告』から発生する収益です。広告掲載が有益化になっており、YouTubeが適切と判断した動画に広告が掲載されます。自分のYouTube動画に広告を表示させたい場合、様々な基準を満たしていることが条件となります。そのYouTubeが定める基準の中にはチャンネル内の累計動画再生回数が1万回以上であることや、コンテンツがガイドラインに準拠していることなどがあります。

そして、自分の動画内で広告が再生されたり、クリックされると収益が発生する仕組みになっています。(金額は広告や広告が視聴された地域など複数の要素によって異なります。)

つまり、YouTubeで稼ぎたい!という方は広告主にとって魅力的なコンテンツ(=広告を載せたいと思わせるコンテンツ)を配信することが鍵となります。

広告主は動画の視聴者が、自分のブランドを宣伝したいターゲット層と一致している動画を好みます。例えば、化粧品会社がYouTubeに広告を出す場合、おそらくメイクアップや美容関連の動画を選ぶ傾向にあるでしょう。しかし、広告主が注目しているのはそれだけではありません。

低評価の数が多いような視聴者を不快にさせる動画は、ブランドイメージを下げることにつながりかねませんので広告の掲載や企業案件の提案もされ難くなるでしょう。

【YOUTUBEで(広告)収入を得る3つの方法!】で収入を得る仕組みについてを詳しく読む

 

ここで、避けるべき動画コンテンツをご紹介します。モラルを守って、クリエイター、視聴者、広告主が気持ちよく楽しめるYouTubeライフを送りましょう!それでこそ真のトップユーチューバーです!

YouTubeヘルプ【広告を掲載できないコンテンツ】 炎上させずにエンジョイ!YouTubeライフ

引用 YouTubeヘルプ【広告を掲載できないコンテンツ】より

 

YouTubeを自分や他のユーチューバーが安心して、創造性を発揮できる場所として維持していくために、モラルやマナーを守ることはユーチューバー一人ひとりの責任です。多くの視聴者の憧れの存在となれるような、かっこいいユーチューバーを目指して、YouTubeライフをエンジョイしましょう!

 

 

あなたもBBTVに参加して世界最大のYouTubeクリエイターのコミュニティに入りませんか?

BBTVは85,000人以上のパートナー、232億回以上の月間視聴回数を誇る、世界最大のYouTubeネットワークです。YouTube認定資格を持ったスタッフが日々パートナー様のチャンネルを分析を行い、チャンネル登録者数や再生回数を増やすお手伝いをさせて頂いております。BBTVのパートナーシップに関する情報は下のボタンをクリック!

Join BBTV 600x60 min 炎上させずにエンジョイ!YouTubeライフ

 

炎上させずにエンジョイ!YouTubeライフ

Aya

Community & Social Media Specialist, Japanese market

Category: YouTubeハック
0
93 views

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>