現役女子高生ユーチューバーにインタビュー!【まゆーほ杉本】

BBTVパートナーインタビューシリーズ今回は現役女子高生ユーチューバー、まゆーほ杉本ちゃんが登場!

成長に伸び悩むYouTubeチャンネルが多い中、着実にファンを増やし、今では27,000人以上*のチャンネル登録者を持つまゆーほちゃんが、アンケート形式で11の質問に答えてくれました!

 

アンチに負けない!

女子高生ユーチューバーの素顔

メイク 現役女子高生ユーチューバー、まゆーほ杉本【パートナーインタビュー】
お気に入りコスメを紹介するまゆーほちゃん。

YouTubeを始めたきっかけは?

周りがやっていて自分もやりたいな!と思ったがきっかけです。

 

チャンネル名「まゆーほ杉本」の由来は?

本名の杉本まゆほに、大好きなやしろ優さんの優(ゆう)をいただいて、ま”ゆー”ほ杉本と名付けました!

 

動画コンテンツのインスピレーション、アイデアの源は?

周りからのリクエストや、いろんな方の動画から刺激を受けて、アイデアを思いついています。

Untitled presentation 現役女子高生ユーチューバー、まゆーほ杉本【パートナーインタビュー】
10代のお肌のお手入れ方法も披露

 

YouTube動画制作時に利用する、機材、編集ソフトは?

今は撮影はiPhone6sで全て行っていて、編集はiMovieを使ってます。

 

YouTubeを始めて良かったことは?

もともと見ていたYouTuberさんのりなてぃんちゃんと、ふくれなちゃんに認知Twitter相互を頂けた時は嬉しかったです。「初めて動画見た時はイメージ最悪だったけど動画をみるにつれ好きになった」とコメントを頂きました。

 

その経験がその後、どうチャンネル運営に影響しましたか?

そのようなコメントが増えるように頑張ろうと思いました。

 

視聴者の方々とはどのように交流を図っていますか?

コメントは全てハートを押していて、たまに返事もします。DMやYouTubeライブなどもしています。

過去にオフ会も開催しましたが、寒い中いろんな方々に来ていただきました。

年上の方や、年下 の男性や女性にもお越しいただき、いろんな話をしたり、悩み相談にのったり、写真撮影もしました。

 

オフ会 現役女子高生ユーチューバー、まゆーほ杉本【パートナーインタビュー】
昨年行われたオフ会の様子

 

思い入れの強い動画はありますか?

アンチコメント返しの動画です。あの動画でわたしのYouTubeが変わりました。その後何故か視聴回数が増え、チャンネル登録者も増えました。

「面白かった」、「ポジティブになれた」などコメントをいただきました。本当はYouTubeを辞めようと考えていた時期に作ったので、あの動画がなければ今きっとYouTubeを辞めていたと思います。

 

よく見るYouTubeチャンネルは?

ふくれなさん などよく見ます。

 

休日の過ごし方は?

基本土日にためどりをしています。そして、平日の空き時間に編集をしてます。

やはり学業優先なので学校の事が終わってからYouTube関係をやるようにしてます。

そして今他にハマっていることは、荒野行動(スマホゲーム)です。

 

今後の目標はありますか?

3万人いきたいです!後は進路をきめてYouTubeとの両立をしっかりしていきたいです。

 

ユーチューバーの魅力の一つは、視聴者の身近の存在であること。まゆーほちゃんは、素直な声を、飾らずいつも私たちへ届けてくれます。ありのままの自分でいることを恐れない強さと、ピュアな心が十代に限らず、幅広い世代に根強い人気を誇る秘密なのかもしれません。

*2018年2月現在

 

https://www.youtube.com/watch?v=AKOpuIFkYr8

【まゆーほ杉本関連リンク】

👉YouTubeチャンネル

👉Twitter

👉インスタグラム

 

 

 

現役女子高生ユーチューバー、まゆーほ杉本【パートナーインタビュー】

Aya

Community & Social Media Specialist, Japanese market

Category: BBTV Interview
0
4892 views

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>