BBTV Blog 03

調査会社Juniper Researchは、新しく公表したリサーチにおいて、企業がYouTubeやFacebookなどといったFVOD(後述)動画メディアに出向する広告費の額が5年後の2022年までに130%増加し、370億ドルになると予測した。なお、2017年の広告予算は160億ドルだ。

BBTV Blog 03 YouTubeやFacebookにおける企業の広告費が2022年までに130%増加予測

なお、FVODとはFree Video on Demandの略で、YouTubeやFacebookのようにユーザーが基本無料で動画を視聴できるオンライン動画プラットフォームのことだ。他にもInstagramやSnapchatなども、無料で動画を配信しているという意味でこの分野に含まれる。

またJuniper Researchは、同じく2022年までに世界中の45億近くの人がそれらの広告を目にするようになると予測している。

YouTubeは、2018年に入って再度収益化基準を引き上げ、プラットフォーム健全化を目指している。この健全化施策を広告主がどのように捉え、広告予算に反映するのか。今後もしばらく注視していきたい。

参考:
Juniper Research: Video Advertising Spend on YouTube & Facebook to Grow by 130% in Just 5 Years | Business Wire

YouTubeやFacebookにおける企業の広告費が2022年までに130%増加予測

Category: YouTubeハック
0
634 views

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>